意外と簡単だった脱毛クリームでの処理

夏になるとムダ毛の処理に時間が掛かり、つい面倒になってカミソリで剃ってしまう事もありました。そのため皮膚がヒリヒリしたり、赤く腫れたりと散々な目にあっています。

 

毛抜きで抜いてもとても時間が掛かり大変でした。色々試した中で一番簡単だったのが、脱毛クリームを使う事でした。脱毛クリームというと、ツンとした匂いや、クリームを放置した後の処理が面倒だったり、洗い流さなくてはいけなかったりと、色々耳にしてましたが、私が選んだ脱毛クリームはとても簡単だったんです。

 

脱毛クリームを塗って流すだけです。たったそれだけでツルンとしたムダ毛のない肌になり、脱毛後はピカピカのスベスベになりました。

 

想像以上にきれいな脱毛にビックリしました。そして思ったより簡単だったので、言う事無しです。勿論数日経てばまた毛が生えてきますが、カミソリや毛抜きで抜いた毛とは違って、少し細く弱そうな毛が生えてくるので、次の脱毛時には前回よりも速いスピードで処理が出来ました。

 

このまま脱毛クリームを続けていくと、毛が薄くなって来るのではと思う感じです。使用後の肌荒れもなく、脇の毛などのデリケートな場所も大丈夫でした。カミソリのような剃り跡のヒリヒリ感がないので、気持ち良い脱毛が出来ました。これからも使い続けようと思っています。

豆乳ローションでムダ毛が薄くなる?

豆乳ローションについては、自宅でムダ毛をケアしたい人なら一度は聞いたことがあるでしょう。
市販品もありますし、検索すると自作レシピもいろいろ出てきます。
しかし、効果が出るまでには皆さんかなりの時間をかけているようです。

 

塗ってすぐムダ毛がなくなるわけではないので、そういうものが欲しい方には向いていないかも。
ただし、豆乳に含まれている大豆イソフラボンの効果は即効性こそないものの、毛穴を引き締めたり美白効果があるので、脱毛や剃毛・除毛後のお手入れとしては優れています。
保湿もムダ毛ケアには大切なことですからね。
そういう意味では、購入や自作して100%損するということはないのではないでしょうか。

 

また、人によっては使い続けることで徐々にムダ毛が薄くなることもあります。
皮膚の外側から塗るものですので、効く人と効かない人で効果を感じられるまでの期間にはかなり差があるようです。
早ければ1〜2週間程度で毛が薄くなってくることもありますが、男性ホルモンが多めな人や男性だと1年くらいはかかるとか。
通常のスキンケアでも効果が実感できるまでには時間がかかるものですので、気長に続けましょう。
イライラはムダ毛ケアに限らず、美容の大敵ですからね。

 

自作する場合は、保管方法や作成時の温度に気をつけてください。
詳しいレシピはいくつかありますし、検索するとすぐ出てきますのでここでは載せませんが、作っている間はそばで見ていないとちょっと危ないかもしれません。
また、大量に作る場合は作成日を記入しておかないと、うっかり期限が過ぎてしまって効能がなくなってしまうこともありえます。

 

自作豆乳ローションは冷凍保管もできるそうですが、解凍するときに電子レンジを使うとやはり効能が消えてしまうそうですので、自然に解凍されるのを待ってくださいね。
そういう面からしても、大量にまとめて作るよりはできるだけこまめに作って消費していくほうがいいのかもしれません。
また、パッチテストが必要になりますので、初めて作るときはやはり少なめにしておいたほうがいいでしょう。
手作りコスメがお好きな方なら、このあたりは既にご存知でしょうかね。

 

豆乳ローションは脱毛というよりスキンケアに近いものですので、効果が出るまでの時間や効果の程度にはかなり個人差があります。
数週間で効く人もいれば、1年経ってもほとんど効果が見られないこともありえるということです。
ですので、豆乳ローションだけに頼らず、他の脱毛・除毛などのムダ毛処理と併用したほうがいいかもしれません。